メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

2006年2月21日

ワープロのサポート終了…東芝

東芝が、ついにワープロのサポートを終了するそうです。(東芝:サポート終了のお知らせ
(ソース:スラッシュドットジャパンMYCOM PCWEB

東芝のワープロ「Rupo」は、一時代を築いた名シリーズです。

その誕生の軌跡は、NHKの「プロジェクトX」でも取り上げられました。(NHKプロジェクトX「運命の最終テスト」~ワープロ・日本語に挑んだ若者たち~
(初代機JW-10:情報処理学会Webサイト

現在では発売・生産も終了し、サポートも終了するわけですが、「Rupo」の名は東芝製携帯の文字入力システム「Mobile Rupo」として残っています。
私の携帯もW31Tで、携帯の文字入力は「Mobile Rupo」を使っています。
ITmedia:独自熟成を重ねる文字入力(文字入力前編)

さて、うちにも「Rupo」があります。
JW90FX」という機種で、情報処理学会Webサイトに「JW90F」が紹介されています。
JW90F:情報処理学会Webサイト
残念ながら今は使っていませんが、まだまだ元気に動きます。
もう20年近く前に親が購入したものだそうです。
パソコンだと、まず20年は持ちませんね。(特にHDD)

以下の画像は、今デジカメのカードリーダーが手元にないので、携帯(W31T)で撮影したものです。
画質が悪いので後日デジカメで撮ったものと差し替えます。

JW90FX
JW90FX

ちょっと大きめで存在感があるフォルム。
液晶はモノクロ。
データはFDで入出力します。

JW90FX

付属の「東芝パーソナルワープロ入門書 JW90FX/90HX」によると、その特徴は

1.40字×20行超大型液晶表示
2.先進のラップトップデザイン
3.優れた文章作成能力
4.スピーディな処理能力
5.充実した印刷機能
6.豊富なオプション機能(別売り)

オプションでモデムカードがあり、パソコン通信ができたそうです。

JW90FX

iBookとツーショット。
「JW90FX」も一応内臓バッテリがあり、持ち運べますが大きさ的に無理です。
片手では持ち運べません。

JW90FX

ご自慢の40字×20行超大型液晶。
バックライトがないので、場所によっては見にくい時も。
(JW90HXという上位機種はバックライト装備)

JW90FX

キーボード。
今のパソコンとほぼ同じですね。
ただ、漢字の変換は「変換/次候補」キーだったり、「エンター」キーの代わりに「改行」キーがあったりします。

JW90FX

リボンです。
今のプリンターで言うインクの部分です。
いまどきリボンも売っている店が少ないようですが。
この「JW90FX」は、リボンがなくなっても感熱紙なら印刷できるそうです。
うちの父親が勤めていた会社は、あえてリボンを入れずに感熱紙で印刷をしていたそうです。
リボンは結構消耗が早いのです。


この製品は入門書を読むと1988年と書いてありました。
その7年後にはWindows95ブームが起こりました。
今は「JW90FX」が発売してからまだ18年です。
今から20年後には、どんな機器が家庭に普及しているのでしょうか?

web拍手

TrackBacks[1]

スパムフィルタ機能によって迷惑トラックバックかどうか判断しています。
迷惑トラックバックと判断された場合、トラックバックを送られてもすぐには表示されませんが、管理人の判断で後日表示させます。

»東芝、ワープロ専用機のサポート業務を終了 from ユビキタスな昼とそうでもない夜

ユビキタスな昼とそうでもない夜 - 東芝、ワープロ専用機のサポート業務を終了
東芝は、同社のワープロ専用機「Rupo」シリーズのサポート業務を3月末で終了することを発表(MYCOM PCWEB). 東芝は世界で初めて日本語ワープロ「...


Comments

ワープロの時代はもうおわったんやろかなー
パソコンあるしねぇ・・・

 

日本ではもう終わってしまった感がありますね。
アメリカではまだ売られているそうですが。

Post a comment

管理人へのメールはこちらからどうぞ

コメントする


Copyright © 2005 - 2020 白露.

管理者MENU : EDIT / SendTB