メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

2007年6月 6日

Movable Type 4 でのMTタグの変更点

Movable Type 4 でMTタグ周りの使用も多少変更になりました。
Movable Type 4 Templatingから適当に訳したので掲載します。
なお、Movable Type 4 Templatingはまだドラフトの段階なので、仕様が変わる可能性もあります。

MTタグの大文字と小文字の区別廃止

MTテンプレートにおいて、大文字と小文字を区別する必要はなくなりました。
つまり、<MTEntries> を <mtentries> や <MtEntries> のように書くことができます。

MTタグに名前空間の付与が可能に

MTタグに<MT:Entries> (または <mt:entries>) のような、XMLライクな名前空間を付与することが可能になりました。

MTタグの属性(アトリビュート)に変数を指定可能に

以下の例をご覧ください。

<MTSetVar name="lastn" value="5">
<MTEntries lastn="$lastn">
...
</MTEntries>

上の例では、<MTEntries>タグの「lastn」属性に、変数(この例では、たまたま属性名と同じ「lasten」という名前の変数)が付与されています。
ただし、以下のような複雑な表現はできません。

<MTEntries categories="$cat1 OR $cat2">

属性の値の配列が可能に

Smartyの構文を利用して、属性に様々な値を付与することができます。

例: <MTVar name="my_var" regex_replace="/[^a-z]+/g","_">


訳は適当ですので間違っているかもしれません。
Smartyは触ったことがないので、正直よく分かりません…

ちなみに、
<MTIf>、 <MTUnless>、 <MTLoop>、 <MTVar>、 <MTGetVar>、 <MTSetVar>、 <MTSetVarBlock>、 <MTSetVarTemplate>
の各タグが追加されました。
条件タグが増えたので、より複雑な処理が行えるようになりました。
もはや、HTMLよりもPHPのようなプログラミング言語に近いですね。

※追記
小粋空間さんのMovable Type 4 ベータ版情報(ブログ画面・テンプレート構成・追加テンプレート・タグ)で、MT4で追加されたタグの一覧が掲載されています。
すごい増えた(汗)

web拍手

TrackBacks[0]

スパムフィルタ機能によって迷惑トラックバックかどうか判断しています。
迷惑トラックバックと判断された場合、トラックバックを送られてもすぐには表示されませんが、管理人の判断で後日表示させます。

Comments

Post a comment

管理人へのメールはこちらからどうぞ

コメントする


Copyright © 2005 - 2019 白露.

管理者MENU : EDIT / SendTB