メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

2007年4月13日

Mac OS X 10.5 Leopard、発売延期へ

アップル社は、今年6月に発売すると表明していた、次期Mac OS X "Leopard" の発売を、10月まで延期すると発表しました。
遅れの原因はiPhone の開発にあるようです。
(ソース:CNETアップル、次期Mac OS Xリリースを10月に--原因はiPhone開発

まぁ、私も一応Macユーザな訳ですが、Macは授業で動かす程度なので、予定通りに "Leopard" が発売されたとしても、買う予定は今のところないですが。
むしろ、今使っているOSが"最新"である期間が長くなる分、グッドニュースかも。

それにしても、発売の原因が iPhone にあるとは…
BootCamp の Vista 対応のために遅れるとか、いろいろと発売が遅れるという噂はあったのですが。
iPhone の出荷予定を守るために "Leopard" の発売を延期させるというのは、 BootCamp の開発の遅れのため、という理由よりも酷い気がしますね。

"Leopard" は全世界で発売されますが、 iPhone はまず米国から発売する計画だったはず。
少なくとも、 iPhone は日本での発売は発表されてませんから、日本のMacユーザにとっては、いいとばっちりですね。


今年の頭に、社名から"コンピュータ"を抜いたように、もはやアップル社は単なる「パソコンメーカー」ではなくなってしまいました。
iPod の成功で、アップル社はパソコン事業以外の旨みを知ってしまったから、でしょうね。

iPod は優れた製品であると思いますし(私は使ったことがありませんが、ここまで爆発的に売れているからには、優れているのでしょう)、Apple TV も好調のようです。
アップル社がパソコン事業以外の授業に進出するのは、悪くないことだと思います。

しかし、急激に事業を拡大している今、どうやら人員がやや不足気味のようです。
これは、少し問題ではないのかなぁと思います。
少なくとも、以前に比べ、小回りが利かなくなっているのは事実のようです。
最近、アップルの新製品は、発売日が延期になる場合が多いですし。

もし、発売後の iPhone と "Leopard" に、それぞれ重大なバグが同時期に見つかったとしたら、アップル社はどのような対応をとるのでしょうか。
もちろん、そんなバグが出ないようにするための発売延期でしょうし、そうならないと願ってますが、バグがないソフトを作成するのは不可能ですしね。

web拍手

TrackBacks[1]

スパムフィルタ機能によって迷惑トラックバックかどうか判断しています。
迷惑トラックバックと判断された場合、トラックバックを送られてもすぐには表示されませんが、管理人の判断で後日表示させます。

»Mac OSX Leopard発表! from +++Re:creation!

+++Re:creation! - Mac OSX Leopard発表!
Macintoshの新OS・Leopard ようやく発売日が発表されました。


Comments

Post a comment

管理人へのメールはこちらからどうぞ

コメントする


Copyright © 2005 - 2019 白露.

管理者MENU : EDIT / SendTB