メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

2007年3月 5日

RICOH Caplio R6 発表

リコーのCaplio R5の後継機種、「Caplio R6」の詳細が掲載されました!
3月23日発売とのことです!
私はR5を愛用しているので、かなり気になっています。

Caplio R6の記事

ちなみに、一週間ほど前に、なぜか台湾誌(NOVA情報誌旧正月新春号)にR6の記事が載っていましたが、日本ではようやく今日(2007年3月5日)発表されました。

R5からの改良点

  • 最薄部20.6mm・最厚部23.3mmに薄型化(R5は26mm)
  • 重さ約135g(R5は約140g)
  • 液晶モニターは2.7型約23万画素に大型化(R5は2.5型23万画素)
  • 内蔵メモリが54MBに(R5は内蔵26MB)
  • レンズユニット部分の改良(薄型化に対応)
  • CCDシフト手ブレ補正の制御アルゴリズム改良
  • デジタルズームが最大4.8倍、光学併用時34.1倍に(R5は3.6倍、光学併用時25.6倍)

R6の新機能

  • 新モード
    • 顔検出機能(フェイスモード)
    • ISO1600まで自動増感(高感度オートモード)
    • 通常画像と縮小画像を同時記録(デュアルサイズ記録モード)
  • クイックレビュー時、ワンタッチ16倍拡大表示
  • クイックレビュー時と再生時に白トビ警告表示
  • 削除した画像の復元機能

R5と比べてパワーダウンした部分

  • F値がF3.3~F5.2に(R5はF3.3~F4.8)
  • マクロモードの望遠端最短撮影距離が25cmに(R5は14cm)
  • 撮影枚数が330枚に(R5は380枚)

その他

  • デザインが丸みを帯びた
  • ズームスイッチがレバーに変更になり、場所が電源ボタンの近くに

CCDの画素数・焦点距離等は変更ありません。

また、サンプル画像はアメリカ(?)のリコーの公式サイトに掲載されています。

個人的に、マクロモードの望遠端最短撮影距離の性能が暴落したのは致命的です。
それに、R5の厚さもそれほど気になりませんし。
高感度オートモードはちょっと惹かれますが。
ファームウェアのアップグレードで機能追加無いかなぁ(ないない)

なお、いくつかの情報は、価格.comのCaplio R5 のクチコミ板を参考にさせていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

web拍手

TrackBacks[1]

スパムフィルタ機能によって迷惑トラックバックかどうか判断しています。
迷惑トラックバックと判断された場合、トラックバックを送られてもすぐには表示されませんが、管理人の判断で後日表示させます。

»RICOH Caplio R6 発表 from 不埒な輩(furachi-na-yakara)

不埒な輩(furachi-na-yakara) - RICOH Caplio R6 発表
以前のエントリー「SONYコンデジ モデルチェンジ」で、「RICOHの春モデルが


Comments

Post a comment

管理人へのメールはこちらからどうぞ

コメントする


Copyright © 2005 - 2019 白露.

管理者MENU : EDIT / SendTB