メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

2006年10月18日

魔法先生ネギま!153時間目「いけ!ネギ坊主!!」の感想(マガジン46号掲載)

最近、アニメの感想も書いているのでなんか忙しいです(^_^;

大方の予想通り、カシオペアで真名の強制時間跳躍弾B.C.T.L)を回避したネギ先生一行。
ネギ先生一行は楓に後事を頼んで先に行きました。
楓が言う「ネギ坊主はあのときより幾分成長したようでござるが」というのは、体力や戦闘力だけでなく、性格も成長しているという意味でしょうね。

超が変えようとしている未来は、「そんなSFめいた大袈裟な話はない(by真名)」ようです。
時間跳躍の時点で十分にSFチックな話ではありますが。
楓VS真名、どちらが勝つのでしょうね?
多分、戦闘シーンは、超VSタカミチのように大幅にカットされてしまうと思いますが。
だとしたら残念だなぁ。

次にネギ先生一行の障害となったのは、茶々丸のコピー+2体でした。
ロックマンのワイリーステージに出てくるコピーロボットを連想したのは私だけでしょうか?
話はそれますが、ロックマンシリーズは1~4までがau携帯用に移植されていまして(もちろんBREW)、最近ちょっとハマッてました。
今度、携帯版ロックマンについての記事でも書きますか。

ハルナのアーティファクト「落書帝国」はなかなか便利ですね。
予め紙に絵を描いておけば、瞬時に召喚できるようです。
強そうな絵を描いてストックしておけばかなり手強そう。

古菲とハルナを残し、ネギ・のどか・夕映は超の元へ急ぎます。
が、のどかがネギをかばって強制時間跳躍弾(B.C.T.L)の餌食に
これで、ネギ先生と夕映は二人っきり
さぁ、これからの二人の仲の進展に注目!(進展しないとは思いますが。)

ネギの弱点に「技後硬直」が加わりましたね。
技を出したら、すぐには元の体制に戻れない、ということですね。
大魔王バーンの天地魔闘の構えと同じ弱点ですね!!

それにしても、最近夕映がかなり真面目でカッコイイですね。(元から真面目キャラですが…)
でも、たまにはもるです~」な夕映も見たいかも。

web拍手

TrackBacks[10]

スパムフィルタ機能によって迷惑トラックバックかどうか判断しています。
迷惑トラックバックと判断された場合、トラックバックを送られてもすぐには表示されませんが、管理人の判断で後日表示させます。

いただいたトラックバックが多くなりましたので、このエントリーではトラックバックを簡略表示しています。
全てのトラックバック詳細表示で見る(新しいウィンドウで開きます)

Comments

Post a comment

管理人へのメールはこちらからどうぞ

コメントする


Copyright © 2005 - 2019 白露.

管理者MENU : EDIT / SendTB