メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

2006年5月 1日

なぜau向けアプリが少ないのか

au向けアプリはiモード向けのアプリに比べて驚くほど少ない。
その理由はずばり「BREW」です。

auは「ダブル定額」や「EZナビウォーク」など優れた点も多いですが、不満は対応アプリが悲しいほど少ないこと。
iモード向けアプリはたくさんあるのに、なぜかau向けは無い…

その理由は、iモードはJAVAというメジャーなプログラミングで書かれているのに対し、最近のauはBREWというプログラミング(正確にはソフトウェア実行環境)で書かれているため。

BREWは、携帯電話向けに開発されたもので、携帯電話との相性の良さは抜群。
しかし、バックライトON・OFFなどの本体の制御やアドレス帳へのアクセスへもできる設計のため、見方によっては非常に危険です。

そこで、BREWアプリを公開するには、KDDIの審査が必要になります。

が、ITmediaの記事(あるBREW開発者の苦悩)によると、「企画から完成まで6カ月かかる」そうです。

しかも、BREWアプリは公開まで、なぜ時間がかかるのか (2/3)によると、約半数が審査に不合格となり、アプリが世に出ることはないようです。
う~ん、厳しい。

でも、ネギま!のau向けアプリは無理でもezweb向けサイトは作って欲しいのですが…
『24時間まるごとネギま!』とか、iモードオンリーって酷い(^_^;

ちなみに、私の携帯には懐かしの『ロックマン3』が入っています。
が、無茶苦茶難しい。
そもそも、キーが押しづらくてもう全然無理。

DSCF5992.JPGDSCF6096.jpgDSCF6097.jpg

web拍手

TrackBacks[0]

スパムフィルタ機能によって迷惑トラックバックかどうか判断しています。
迷惑トラックバックと判断された場合、トラックバックを送られてもすぐには表示されませんが、管理人の判断で後日表示させます。

Comments

Post a comment

管理人へのメールはこちらからどうぞ

コメントする


Copyright © 2005 - 2020 白露.

管理者MENU : EDIT / SendTB