メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

2006年3月23日

アニメ・灼眼のシャナ 最終回 の感想

アニメ版『灼眼のシャナ』の最終回の感想です。
最終回くらい感想を書いてみます。
これで、毎週みているテレビ番組がなくなったのです(^_^;

(注)アニメだけでなく原作のネタバレを含んでいます。

最終回ということで(?)、サービスシーンが多いですね。
テレ東では実現できないクオリティです。
いや、別にどうでもいいけど。

トリニティ(逆理の裁者・千変・頂の座)とフレイムヘイズ達がそれぞれ戦っているシーンから。

まずは、万条の仕手ヴィルヘルミナ逆理の裁者ベルペオルの戦い。
絶対仮面はずした方がいいよ、ヴィルヘルミナ。
日曜日の戦隊物みたいな仮面やめて

次の弔詞の詠み手マージョリー・ドーと千変シュドナイの戦い。
「屠殺の即興詩」を聞きたかったなぁ。
時間的に難しかったのでしょうが。
ちなみに、「灼眼のシャナ」の中では、蹂躙の爪牙マルコシアスが一番好きなキャラです。
原作では、酔っぱらったマージョリーに対して「腐った酔っ払い」とか「ふしだらな泥酔者」とか、つぼにはまるいい比喩を連発しています。


最後に炎髪灼眼の討ち手と頂の座ヘカテー。
シャナがとらわれている悠二を助けるときにブルートザオガーを放り投げました。
なぜにいつものように贄殿遮那で切らなかったのでしょうか?

ついでに、悠二がブルートザオガーで謎の機械を破壊する時、ヘカテーを討滅してしまうのではないかと思いました。
もし、そうしていたのなら千変が死にものぐるいで攻めてくるでしょう。


悠二がヘカテーを振ったため(笑)、悲しみのあまりヘカテーは暴走して今まで「器を合わせて」得た存在の力をものすごい勢いではき出します。
シャナと吉田一美の間に割って入るのはいかに強大な紅世の王でも無理でしょう。きっと。


ヘカテーから溢れた膨大な存在の力。
一刻も猶予がないと、天壌の劫火を顕現させ一気に存在の力を消費させようとします。
使えばお互い死んでしまう、そんな中でも二人(三人?)は迷うことなく選択します。

しかし、個人的にはもう一つの展開が見てみたかったです。
…ラミーさん、今こそ出番ではありませんか!!

屍拾いラミーが颯爽と現れ、一度に大量の存在の力を吸収する自在法を構築する。
そして、彼の「すでに失われたあるもの」を復元してしまいましょうや。
愛した人間ドナートが描いた螺旋の風琴リャナンシーの絵、見てみたいです。

マルコシアスも好きですが、螺旋の風琴も好きです。
「因果の交叉路で、また会おう」というセリフが特に好き。
小説でもう一回出てこないかなぁ。


…妄想はひとまずおいて、本編の感想を続けましょう。

ヘカテーの危機をシュドナイが救いました。
これで、シュドナイとヘカテーの、愛の逃避行が始まるわけですな(違)
めでたしめでたし。


結局、シャナも悠二も死にませんでした。
最終回で主人公が死ぬというアニメはそうそうありませんが。

最後は、最初のオープニングテーマが流れる中、エンディングへ。
やはり、アニメ化すると原作を無理矢理詰め込んでしまう気がして、少し物足りない気もします。


最後の大ニュース

劇場版灼眼のシャナ決定!!

web拍手

TrackBacks[84]

スパムフィルタ機能によって迷惑トラックバックかどうか判断しています。
迷惑トラックバックと判断された場合、トラックバックを送られてもすぐには表示されませんが、管理人の判断で後日表示させます。

いただいたトラックバックが多くなりましたので、このエントリーではトラックバックを簡略表示しています。
全てのトラックバック詳細表示で見る(新しいウィンドウで開きます)

Comments

はじめまして、うにゃ丼亭のうにゃ丼と申します。

TBありがとうございました!!

>やはり、アニメ化すると原作を無理矢理詰め込んでしまう気がして、少し物足りない気もします。
確かに、そうですね。小説とアニメでは表現できるモノが違いますからね。
アクションシーンなどが、もっと充実していたらよかったのですけどね~。まあ、及第以上ではあると思いますがw

それでは、また!!

「灼眼のシャナ」は私も及第点以上だと思います。
(ただ、私は愛染兄妹から見始めたのですが)
限られた時間の中で表現しようとすると、どうしてもどこか妥協しなくてはなりませんから、多少の不満があるのは仕方がない事なのでしょうね。
コメントありがとうございます。

最後の方 よかった。何回も見ました。

どもどもです

初めましてです
なんかTBが飛びませんですスミマセン・・・

>日曜日の戦隊物みたいな仮面やめて。
初めて見た瞬間にマズイと思いましたね
ヴィルヘルミナさんの素顔が台無しですねあれは

最後はやはり今時の中途半端で終わっちゃいましたね
ちょっと残念ですが、劇場版に期待ですかね


ではでは
今後ともよろしくお願いします

>わ さん
最後の、ヴィルヘルミナがシャナに抱きつくシーンとか、感動できる最終回でしたね。

>ろぜっと さん
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
コメントありがとうございました。

お久しぶりです白露様。
トラックバックありがとうございます!

原作を知らずに見始めたのですが、最高の作品でした。世界観といい、魅力的なキャラ達といい文句なしです。

まあ銀やラミー、先代炎髪灼眼、悠二のお父さんの話を描いてくれればもっとよかったというのはありますが。

>…ラミーさん、今こそ出番ではありませんか!!

そういえば・・・。
あれだけの力があれば彼の目的も果たせそうですよね!

私からもトラックバックさせていただきます。

Post a comment

管理人へのメールはこちらからどうぞ

コメントする


Copyright © 2005 - 2020 白露.

管理者MENU : EDIT / SendTB