メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

「魔法先生ネギま!コンプリートBOX」発売&「UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~」放送記念 「大麻帆良祭」トークショー付きイベント

イベントについて

  • 「魔法先生ネギま!コンプリートBOX」の発売と、TVアニメ「UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~」の放送を記念した、「大麻帆良祭」のキャストトーク付きイベント上映。
  • 東京、名古屋、大阪の三会場で各1回開催。
  • 東京会場の日時等は以下の通り。
    • 日時:2017年9月2日(土)18:00~(上映後トークショー)
    • 会場:新宿バルト9
    • トークショー登壇者(敬称略):赤松健、神田朱未(神楽坂明日菜役)、野中藍(近衛木乃香役)

感想等

「大麻帆良祭」のキャストトーク付きイベント上映の東京会場に行ってきました!
あの大麻帆良祭から早12年...気がつけば、干支が一周してしまいました。。

当日の新宿バルト9の写真

会場は、「劇場版 魔法先生ネギま! ANIME FINAL」 初日舞台挨拶でも使用された、新宿バルト9
今年(2017年)は開業10周年だそうで...ということは、大麻帆良祭当時はまだ新宿バルト9は無かったのですね。。

今回のイベントは、開催2週間前の8月21日に突如開催が告知(22日0:00からチケット販売開始)されたため、遠方にお住まいの方は予定がつかなかった人も多かったようです。
私にとって、6年ぶりに参加できる魔法先生ネギま!公式イベントだったので、溜まっている職場の仕事からは目をそらして即チケットを購入しました。

今回の「大麻帆良祭」のイベント上映は、その名の通り大麻帆良祭の映像を映画館のスクリーンで見るというもの。
飛び跳ねたりオタ芸をするのは禁止ですが、ペンライトの持ち込みは可でした。
12年前はサイリウムを振っていた腕が吊りそうになりましたが、今回は座ってペンライトを振ったので、腕は痛くなりませんでした。
いまの自分に3時間ぶっ続けでペンライトを振る体力は無いと思うので、ある意味有り難かったです。(ちょっと狭かったですが。。。)

会場は満席でした。
イベント上映が開始され、スクリーンにスターチャイルドのロゴが出たときは、会場のあちこちから笑い声が。。
このロゴが堂々と公式イベントに出る機会は、もうそうそう無いのかもしれませんね(「スターチャイルド」のレーベルは2016年に使用停止)

大麻帆良祭に行った当時は、使い捨てのサイリウムを大量に持って行った記憶がありますが、今回会場で使用されていたのは、ほとんどLEDペンライトですね。
私も持っていますが、色も簡単に変えられるので便利です。
ただ、ハッピーマテリアルの時にウルトラオレンジ(発光時間が短い代わりに明るいサイリウム)を使っている人が数名いました。やはり、明るくて目立ちますね。。久しぶりにウルトラオレンジを見た気がします。

約2時間45分の上映が終わると、トークショーへ。
スクリーン前の壇上に椅子がセットされ、神田朱未さん、野中藍さん、そして赤松健先生が登壇されました。
冒頭、司会の方から「若い」はNGワードで、と言われると、速攻で、「でも、若~い!」と速攻でNGワードを連発する野中さんが面白かったです。
話は、過去の思い出や、10月から放送が開始されるアニメ「UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~」の話題など、盛りだくさんでした。
赤松先生は新作アニメの台本を全て見ているそうで、「今回期待していてください」とのこと。すかさず声優の二人から「今回「も」では!」と突っ込まれてました(汗
また、新作アニメ関係でも、何らかのイベントを企画していることを匂わせる発言がありました。

トークショーの途中で、12年前に大麻帆良祭の会場にいた人は挙手をしたのですが、半分にも満たない人数でびっくりしました。
「子供だったから行けなかった人」は、12年前に会場にいた人と同じぐらいいました。12年前ですからね。仕方ないですね。私も年を取りましたね。。。
なお、12年前の鈴鹿8耐のイベントに行った人の挙手もあったのですが、私を含めても数名しかいませんでした。。

トークショーの最後に、今回のお三方のサインが書かれたアイテムを掛けたじゃんけん大会。
アイテムは、「アニメイトの何かのカード」と、鈴鹿8耐の時に配布した色褪せたステッカー等々4点。
私は残念ながら速攻で負けてしまいました。。

12年前の大麻帆良祭の会場で、赤松先生が「皆さんとはこれから長い付き合いになります」と発言されていたのですが、本当に長い付き合いになりましたね。
これからのUQ HOLDER!にも期待です。

web拍手

TrackBacks[0]

Comments

Post a comment

コメントする


Copyright © 2005 - 2019 白露.