メインコンテンツ| サイトメニュー | 検索・その他情報


メインコンテンツ

その2 新作アニメ

会場に13時に入場。
会場には大麻帆良祭の時と同じようにスモークがかかっていました。
毎度のことですが、開演までスクリーンにはスタチャのPVが流れていました。

14時2分、開演。
新作アニメが上映されました。

新作アニメ

出だしは、ハリポタのような静かな曲。
深夜にネギが魔法の勉強をしていました。
が、明日菜に見つかって、テキストを取り上げられてしまいます。
「いつまで起きているのよ、お子様のくせに。風邪引くわよ。早く寝なさい。」
「お子様まではないですよ。返してください。明日菜さんには関係ないですよ」
この言葉に、明日菜が怒ります。
そして、ネギがくしゃみをして明日菜の服が吹き飛んでしまいます(^_^;
(明日菜の「風邪引くわよ」が伏線でしょうか?)
ネギと明日菜が大げんかしてしまいます。
木乃香が目を覚まし、「明日菜、そんな格好でいると風邪引くえ」と言いました。

3日後、いいんちょの自家用飛行機の中。
ネギは、明日菜とケンカをしていて非常に落ち込んでいました。
いいんちょは、そんなネギを見て南の島へと誘った、という感じです。
で、なぜかみんなでスカイダイビングで飛び降りる。

島に着くと、他のクラスメートはみんな遊ぶ中、明日菜は一人黙々とビーチボールをふくらましていました。
明日菜の周りにはビーチボールがたくさん転がっていました。
木乃香が心配して明日菜に話しかけます。
刹那、水着姿の木乃香のお尻を見ながら、
ダメだよ、このちゃん。その水着、大胆すぎだよ」とつぶやきます。
何言ってんですか。

今回は、エヴァと茶々丸もちゃんと来ています。
なぜか分かりませんが、そのために修学旅行の時のように学園長が必死に書類にハンコを押す羽目になっています。

スク水を来ている相坂さよを見て、朝倉和美が「幽霊も水着着るんだ」と茶化します。

部屋の中ではザジがお手玉をしていました。
が、よく見るとカモがなぜかお手玉にされていて、しかも失敗して放り出されてしまいます。
ザジ「あ、失敗」と一言。

葉加瀬は、南の島に来ても、相変わらず機械をいじくっていました。
驚いたのは、桜子が金髪であること!!
千雨、ネット用画像の撮影を試みるましたが、撮影しようとしていた場所にはクラスメートが多いので人気の少ない場所を探しに行きました。

和美が、吸血鬼[チュパカブラ]のニュースを仕入れてきました。
吸血鬼としてエヴァも黙っていられず、茶々丸と共に和美と同行。
森の中、チュパカブラを探し回りましたが、一人黙々と撮影をしていた、ちうに遭遇。
結局、チュパカブラは見つかりませんでした。
チュパカブラとは?(wikipediaへのリンク)

那波千鶴達がビーチバレーをしていました。
千鶴がネギにボールをパスしたところ、明日菜のことで落ち込んでいたネギの頭にヒット!!
海に沈んだネギをあわてていいんちょ、千鶴、楓達が助けますが、コミックス同様ネギは彼女らの胸に圧迫されてまたも死にかけます

千鶴は、ネギを溺れさせ書けたことを反省し、その代わりにネギと明日菜の中を取り戻そうと一計を案じて、ネギが鮫に囲まれているところを明日菜に助けさせ、仲直りさせようとします。
コミックス通り、ネギは古菲の鮫に飛ばされるが、明日菜がハマノツルギで助けました。
ただ、今回のアニメでは、剣ではなくなぜかハリセンでした。

鮫騒動のせいで、ネギが愛用のメガネを無くしてしまいます。
新作アニメの設定では、ネギのメガネはネカネにもらった大事なものです。
明日菜のことで頭がいっぱいのネギは、メガネを無くしたことに夕暮れになって気がつきます。
日が暮れてきたので、その日の捜索はできませんでした。

夜、明日菜の部屋にいいんちょが訪ねてきて、ネギがメガネを無くしたことを告げます。
明日菜、夜にもかかわらずメガネを探しに行きました。

明日菜、メガネを発見し、ネギの部屋にこっそり届けに行きました。
が、ネギが起きてしまいます。
明日菜とネギはベランダに出るましたが、そのとき、美しい朝日が昇ってきました。
明日菜、ネギと一緒に無理矢理海に入ります。
そして、ついに仲直り。

明日菜を除いたクラスのメンバーを乗せたを潜水艦が出てきました。
いいんちょが明日菜がネギと仲直りしたのを見て、「今度は私がネギ先生とケンカしますわ」と言います。

14:27 エンディングが流れ、終了。

今回、作画は好き嫌いが別れそうだが、安定していて好印象。
髪がなびいていたり、しっかり描写していた印象でした。
明日菜が全裸になったあたり、少なくともテレビ東京では放映できないです。
高本めぐみさんが早速超を担当していましたが、そのとき気付いた人は少なかったんじゃないでしょうか?

web拍手


Copyright © 2005 - 2020 白露.